お知らせ

2022/01/23

受講される方の健康と安全に配慮しています。

受講される方の健康と安全に配慮しています。

万全の対策で安心して学べる環境を提供いたします。

教室講座は接触の少ない平日の昼の時間帯(10:00〜18:00)をお勧めしております。

個別相談説明会も同様です。

CDF484AC-68C1-4521-B837-CC7F031764F4.jpeg

12CB01C1-0E30-46E6-B0A7-C797D35BD157.jpeg

講師はワクチン接種をして、会場は感染予防対策の徹底を実施しています。

※ワクチン接種証明証を持参しています。確認されたい方はお申出下さい。

5ED7937E-A751-4D56-ABF4-1CB0ACC0E4FF.jpeg

227D7B2E-1471-4291-A25C-AAC93BBA6B52.png

※出張講座はご相談下さい。

2022/01/01

2022年に取りたい資格、2位と1位は?

2022年に取りたい資格、2位と1位は?

 資格情報の紹介メディアを運営するメディアエクシード(東京都新宿区)は、資格の取得を目指している20~50代の男女を対象に、「2022年に取りたい資格」について調査を実施した。22年に取りたい資格は何か聞いたところ

1位は「日商簿記検定」(79人)だった。

2位は「FP技能士」(68人)

3位は「宅地建物取引士」(18人)

4位は「ITパスポート」(17人)

5位は「Microsoft Office Specialist」(16人)

135F4CF1-1A5E-43CC-972A-034DC30EF64F.jpeg

▶︎「日商簿記検定」を選んだ人に理由を聞いたところ

「小中企業から大企業まで経理の仕事に生かすことができるため、転職に有利だと考えたから」(20代会社員女性)、「決算書をもっと詳しく読めるようになりたいため」(30代会社員男性)などの声があった。

▶︎「FP技能士」を選んだ人に理由を聞くと、

「家計管理をしているうちに、将来の資金計画などに使える知識を得たいと考えるようになったから」(30代主婦)、「3級を取ったので2級ぐらいまで取って、転職に少しでも有利になったらいいと思うから」(20代パート女性)という意見が聞かれた。

 どちらの資格も「就職や転職が有利になるから」「日常生活で役に立つから」という理由で選ぶ人が多かった。

1

SCHEDULE