お知らせ

マナトピ」というサイトでこんな記事をみつけました。

●第二新卒でキャリアチェンジを狙う人ならコレ

「第二新卒者に企業が求めることは、即戦力になるかではなく、将来の可能性です。そんな企業側の心理に刺さる資格として、簿記2級と宅地建物取引士をオススメします。

簿記2級では、財務諸表を読むスキルや企業の経営具合を把握できるスキルなど、業界を問わずビジネスパーソンにとって必要な知識を身につけることができます。

 

●年収1000万円超えを狙うならコレ

「年収1000万円超えを目指すなら、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得がオススメです。ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、マイホームの購入プランや子どもの教育資金計画、老後の生活プラン・資産の相続まで個人のお客さまの資産運用をサポートします。医療や年金などの問題を背景に、近年ますますニーズが高まっている仕事です。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には、ファイナンシャル・プランニング技能士(以下、FP技能士)という国家資格と、日本ファイナンシャルプランナーズ協会が認めるアフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー(以下、AFP)という民間資格との二種類があります。それぞれお互いに関連しており、FP技能士2級の資格を取得すればAFPも与えられますし、AFPの資格を取得してもFP技能士2級が与えられます。

極端な話、これらの資格がなくてもファイナンシャルプランナー(FP)を名乗って仕事はできますが、高収入を得るならやはり資格は必須でしょう。

資格取得によってファイナンシャルプランナー(FP)の仕事に必要な金融やファイナンスの幅広い知識やスキルが得られますし、仕事上お客さまのあらゆる個人情報を扱うことになるので、有資格者であるという信頼感がとても価値を持ちます。

もちろん、資格を取り、転職したからといってすぐ高収入を得られるわけではありません。最近では企業内でのファイナンシャルプランナー(FP)も増えていますが、相当に実務経験を積んだ先に、フリーランスや起業することで初めて得られる収入が年収1000万円という数字です」


なかなかハードルは高いようですが、年収1000万円超えを狙うなら努力が必要です。少しずつ頑張っていきましょう!(マナトピ参照)

簿記2級もファイナンシャルプランナーもプライムセミナー名古屋ならマンツーマンで学べます。

1
トップへ戻る